姫路城近くで地ビール祭り 姫路和牛料理グランプリも

姫路経済新聞

全国各地のクラフトビール(地ビール)約80種類がそろう「ビアフェス麦祭」が9月1日・2日、姫路城近くの大手前公園で開かれる。

 

出店する醸造所は、KONISHIビール(伊丹)、丹波篠山ジグザグブルワリー(篠山)、大山Gビール久米桜麦酒(鳥取)、曽爾(そに)高原ビール(奈良)、ブルーマスター(福岡)、梅錦ビール(愛媛)、吉備土手下麦酒醸造所(岡山)、京都ビアラボ(京都)など。

併せて、姫路和牛料理を提供する「ごじゃうまグランプリ」も行う。エントリーする料理は「姫路和牛のミートローフ」(Cafe & Bar Spoon)、「姫路和牛串焼き」(本家 串焼 忠助)、「姫路和牛の焼きそば」(たこ魂)、「マルゲリータ」(ピザ オートフェリーチェ)、「牛すじこんにゃくカレー」(キッチン SANSARA)、「姫路和牛焼きしゃぶ焼飯」(おにくやちゃん)、「姫路和牛VS神戸牛食べ比べカルビ丼」「姫路和牛ヒマラヤ岩塩炙(あぶ)り焼」(以上、神戸北野珈琲)など。

各店50食限定で用意し、客の投票でグランプリを決める。フードコーナーでは姫路和牛料理以外のメニューもそろえる。各ブース、ビール=400円~、フード=500円~で用意する。

会場にはステージパフォーマンスも用意し、ご当地アイドル「KRD8」、姫路よさこい祭り、パンチアウト・スチール・オーケストラ、各種音楽グループやダンスグループなど、総勢300人以上が出演し、会場を盛り上げる。2日目には、ご当地キャラクターによる「キャラコン2018」も開く。

実行委員長の飯田祐作さんは「地ビールの魅力を姫路の方に知ってもらいたい、という思いで昨年『第1回麦祭』を開いた。多くの方々の協力で約5000人の来場があった。今年は昨年以上に盛り上げたい」と話す。「会場内での飲食はチケット制で混雑も予想されるので早めの前売りチケットの購入をお願いしたい」とも。

開催時間は1日=11時~19時、2日=10時~19時。入場無料。

【出展】姫路経済新聞
https://himeji.keizai.biz/headline/1741/

関連記事

  1. 姫路経済新聞

    姫路東インター近くに24時間フィットネスジム 各種トレーニン…

  2. 姫路経済新聞

    姫路の蔵元らが「日本酒の日」はしご酒イベント 市内・飲食店1…

  3. 姫路経済新聞

    姫路港で第40回姫路みなと祭 海上から花火約5000発打ち上…

  4. 姫路経済新聞

    世界遺産姫路城マラソン2019、初出場枠1500人に拡大 出…

  5. 姫路経済新聞

    姫路モノリスで光のナイトミュージアム 万華鏡アートをテーマに…

  6. 姫路経済新聞

    姫路にアイシングクッキー&カップケーキ専門店 フォトジェニッ…

  7. 姫路経済新聞

    姫路市にご当地婚姻届 姫路城が2人の門出祝福

  8. 姫路経済新聞

    姫路・国分寺の和食店が福祉作業所に出前料理 「楽しい食事」を…

  9. 姫路経済新聞

    姫路の繁華街にランチバイキングのすし店 「お子さまずし」や「…

  10. 姫路経済新聞

    姫路のボランティアグループが水害被災地支援の参加者を募集 が…

  11. 姫路経済新聞

    姫路市から広島へ緊急援助隊 被災地の消防活動を支援

  12. 姫路経済新聞

    姫路・京口駅近くの鳥伸本店が移転 店内が一望できる造りに

  13. 姫路経済新聞

    手柄山温室植物園で「播磨の絶滅危惧種展」 地域固有の植物も

  14. 姫路経済新聞

    姫路駅前の山陽電車高架下飲食店街に立ち飲み居酒屋 赤穂の地魚…

  15. 姫路経済新聞

    姫路城近くのかき氷専門店1周年 独学の手作りシロップが人気