姫路駅近くの日本料理店が「利き酒チケット」販売へ 飲み比べ楽しんで

姫路経済新聞

姫路駅近くにある「播磨旬菜(はりましゅんさい)菊屋」(姫路市十二所前町、TEL079-226-2267)が8月1日、日本酒チケットの販売を始めた。

「料理に合わせ、一人で数種類の日本酒を楽しみたい」との客の要望に応え、少量の酒を気軽に楽しめる方法として考案した。店長の小谷さんは「チケット制度を始めてから一人客だけでなく、グループで来店される方が増えた。飲み比べて楽しんでいただいている」と話す。

チケットは7枚つづり=3000円。チケット一枚につき、日本酒半合(90ミリリットル)を提供する。日本酒は、兵庫の「盛典」(通常価格半合=540円)、忠臣蔵「安兵衛」(同648円)、新潟の「八海山」(同540円)、高知の「亀泉」「酔鯨」「無手無冠」(各同432円)、姫路の芋焼酎「千姫のなみだ」(同540円)など常時50種類をそろえる。

新酒や季節の日本酒も数量限定で提供する。8月は、長野の「大雪渓 夏の純米」、兵庫の「盛典 夏酒」、山形の「大山 夏純米銀河」、京都の「多摩川 Ice Breaker」、高知の「豊の梅 土佐の夏吟醸」などを用意する。

料理メニューは、「播磨灘前どれ伝助穴子と水菜のサラダ」(850円)、「姫路グルメポーク桃色吐息と水菜のしゃぶしゃぶ」(1,500円)など、地産地消にこだわった料理を提供する。

小谷さんは「各地の地酒の飲み比べを楽しみながら、料理との相性なども試してほしい」と呼び掛ける。

営業時間は11時30分~14時30分、17時~22時。日曜定休。

【出展】姫路経済新聞
https://himeji.keizai.biz/headline/1739/

関連記事

  1. 姫路経済新聞

    姫路東インター近くに24時間フィットネスジム 各種トレーニン…

  2. 姫路経済新聞

    姫路港で第40回姫路みなと祭 海上から花火約5000発打ち上…

  3. 姫路経済新聞

    姫路城近くで地ビール祭り 姫路和牛料理グランプリも

  4. 姫路経済新聞

    姫路・南町栄通り商店街に焼き肉店 銘柄牛希少部位一枚売りも

  5. 姫路経済新聞

    姫路・中央卸売市場で市民感謝デー 本マグロ解体ショーや特設ビ…

  6. 姫路経済新聞

    姫路のボランティアグループが水害被災地支援の参加者を募集 が…

  7. 姫路経済新聞

    姫路・白浜町で「白鷺鱧祭り」 ハモ料理の試食など

  8. 姫路経済新聞

    姫路市民会館で西日本豪雨災害復興支援コンサート 被災地に太鼓…

  9. 姫路経済新聞

    姫路・夢前町で泥リンピック 暑さ吹き飛ばし田んぼで熱戦

  10. 姫路経済新聞

    姫路駅前に瓦割り専門店 姫路の新たな観光資源目指す

  11. 姫路経済新聞

    姫路城近くで敬老の日オールディーズライブ 高齢ペアは入場無料…

  12. 姫路経済新聞

    世界遺産姫路城マラソン2019、初出場枠1500人に拡大 出…

  13. 姫路経済新聞

    姫路・京口駅近くの鳥伸本店が移転 店内が一望できる造りに

  14. 姫路経済新聞

    手柄山温室植物園で「播磨の絶滅危惧種展」 地域固有の植物も

  15. 姫路経済新聞

    姫路モノリスで光のナイトミュージアム 万華鏡アートをテーマに…