姫路の繁華街にランチバイキングのすし店 「お子さまずし」や「レディースずし」も

姫路経済新聞

姫路の繁華街に位置するすし店「食道楽とよ」(姫路市塩町、TEL 079-288-1220)が7月2日、オープンした。店舗面積は約15坪。カウンター6席、テーブル2卓8席、座敷3卓12席。

11年間、近隣のビルの地下で営業していたが、手狭になったことや常連客から路面店で営業してはと後押しされ、店探しや内装なども周囲が手伝ったという。

昼はバイキング(800円)で、20種類程度の料理を提供。テーブル1卓とカウンターに、握り、いなり、ちらしずし、巻きずし、焼き物、揚げ物、白ご飯、汁物、コーヒー、デザートなどを並べる。路面店であることから、家族連れにも利用しやすいように「お子さまずし」や「レディースずし」などのメニューもそろえる。

夜のメニューは、握り(1貫200円、1皿400円)、巻きずし(500円)、鉄火巻き、いかしそ巻き(以上700円)のほか、季節の鍋がメイン。茶わん蒸し、だし巻き卵(以上600円)、たこ酢、煮付け(以上900円)、天ぷら盛り合わせ(1,300円)、串かつ(130円~)など一品料理も用意する。

ドリンクメニューはビール(生、瓶とも600円)、チューハイ(400円)、ハイボール(450円~)、焼酎(550円~)、日本酒(500円)、ソフトドリンク(350円)など。

市内の大石雅嗣さんは「すし店のすしが昼から800円で食べ放題はうれしい。ドリンクやデザートまで付いて、赤字にならないのかと心配」と話す。店主の豊永ミノルさんは「駐車場がなく、近くの有料駐車場を使ってもらわないといけないので、お客さまの駐車場代を考え800円のバイキングを考えた。駐車場代を入れてもランチ代が1,000円までで収まるよう工夫した」と明かす。ランチが好評であれば営業時間を延ばすことも検討したいとも。

営業時間は、昼=11時30分~13時30分、夜=17時30分~24時(金曜・土曜は翌3時まで)。

【出展】姫路経済新聞
https://himeji.keizai.biz/headline/1725/

関連記事

  1. 姫路経済新聞

    世界遺産姫路城マラソン2019、初出場枠1500人に拡大 出…

  2. 姫路経済新聞

    姫路市にご当地婚姻届 姫路城が2人の門出祝福

  3. 姫路経済新聞

    姫路港近くに洋菓子店 2階に海の見えるカフェも

  4. 姫路経済新聞

    姫路城近くのかき氷専門店1周年 独学の手作りシロップが人気

  5. 姫路経済新聞

    手柄山温室植物園で「播磨の絶滅危惧種展」 地域固有の植物も

  6. 姫路経済新聞

    姫路・白浜町で「白鷺鱧祭り」 ハモ料理の試食など

  7. 姫路経済新聞

    姫路の蔵元らが「日本酒の日」はしご酒イベント 市内・飲食店1…

  8. 姫路経済新聞

    姫路・南町栄通り商店街に焼き肉店 銘柄牛希少部位一枚売りも

  9. 姫路経済新聞

    姫路・繁華街の居酒屋、地下から路面に移転 常連客にも好評

  10. 姫路経済新聞

    姫路駅前フェスタ屋上に期間限定施設 「星が見える庭」イメージ…

  11. 姫路経済新聞

    姫路のボランティアグループが水害被災地支援の参加者を募集 が…

  12. 姫路経済新聞

    姫路・城西地区で「城の西サバイバル」イベント 地元に買い物で…

  13. 姫路経済新聞

    姫路市民会館で西日本豪雨災害復興支援コンサート 被災地に太鼓…

  14. 姫路経済新聞

    姫路駅近くの日本料理店が「利き酒チケット」販売へ 飲み比べ楽…

  15. 姫路経済新聞

    姫路みゆき通り商店街のクロワッサン専門店1周年