姫路バイパス姫路東ランプ近くのアジア料理店が1周年 現地のスパイス使う

姫路経済新聞

姫路バイパス東ランプ近くのアジアンエスニック料理店「MAYA」(姫路市継、TEL 079-227-4025)が7月21日、1周年迎えた。

兵庫県揖保郡太子町にある1号店に続き、2号店としてオープンした同店。席数は9卓38席。店主のダマラ・ケシャリさんはネパールから来日して18年。日本に来たころ、本場のネパール料理が食べたかったが、日本風にアレンジしている店が多かったことから、自分で店を開業した。

店名のMAYA(マヤ)は、ネパール語で「愛」を示し、釈迦の生母とされている摩耶(まや)夫人の名前で、日本人にも覚えやすいことから名付けた。

同店では、タイ、ネパール、インド、ベトナムの料理を提供。それぞれの国の料理に使うスパイスはそれぞれ現地から調達している。スパイスは酸化しやすいので、ひきたてのみを使うという。カレーはネパールの家庭料理の味を再現し、日本風のアレンジは一切せず、オーガニックハーブとスパイスのみで調理する。

メニューは、ポークセクワカレー(1,000円)、マッサマンカレー(1,230円)、生春巻き(650円)、マトンチョイラ(830円)、チキンチリ(820円)、トムヤンクフォ―(1,100円)、シシカバブ(700円)、ダル豆スープ(500円)など豊富にそろえる。ドリンクはプレーンラッシー、リンゴジュース(以上350円)、ネパールチャイ(400円)、ネパールビール、「コロナビール」、インドビール「コープラ」、タイビール「シン」(以上600円)、ワインや各種カクテルも用意する。

同店オリジナルの「あんこナン」(450円)は、客とのコラボで生まれ、メニュー化した。「常連の方から一度、餡(あん)を持ってくるからナンに入れてと言われたのがきっかけ。『あんこナン』は味も良く、今では人気がある」とケシャリさん。

営業時間は、10時30分~15時、17時~21時30分。月曜定休。

【出展】姫路経済新聞
https://himeji.keizai.biz/headline/1722/

関連記事

  1. 姫路経済新聞

    姫路・国分寺の和食店が福祉作業所に出前料理 「楽しい食事」を…

  2. 姫路経済新聞

    姫路城観月会に銀婚夫婦を招待 世界遺産登録25周年を祝し

  3. 姫路経済新聞

    姫路港で第40回姫路みなと祭 海上から花火約5000発打ち上…

  4. 姫路経済新聞

    姫路・中央卸売市場で市民感謝デー 本マグロ解体ショーや特設ビ…

  5. 姫路経済新聞

    姫路・二階町商店街の着物レンタルショップで日傘作り講座 愛用…

  6. 姫路経済新聞

    姫路・繁華街の居酒屋、地下から路面に移転 常連客にも好評

  7. 姫路経済新聞

    姫路モノリスで光のナイトミュージアム 万華鏡アートをテーマに…

  8. 姫路経済新聞

    姫路駅前フェスタ屋上に期間限定施設 「星が見える庭」イメージ…

  9. 姫路経済新聞

    姫路・白浜町で「白鷺鱧祭り」 ハモ料理の試食など

  10. 姫路経済新聞

    姫路の美容師が「人生を変える髪の魔法」出版 ミドルエイジ向け…

  11. 姫路経済新聞

    姫路港近くに洋菓子店 2階に海の見えるカフェも

  12. 姫路経済新聞

    姫路市民会館で西日本豪雨災害復興支援コンサート 被災地に太鼓…

  13. 姫路経済新聞

    姫路駅前の山陽電車高架下飲食店街に立ち飲み居酒屋 赤穂の地魚…

  14. 姫路経済新聞

    姫路・夢前町で泥リンピック 暑さ吹き飛ばし田んぼで熱戦

  15. 姫路経済新聞

    姫路城近くのかき氷専門店1周年 独学の手作りシロップが人気