ヨーヨーで町おこし=オリジナル試作品も開発-世界王者が在住・愛知県岩倉市

テレビドラマ「スケバン刑事」や「ハイパーヨーヨー」の人気で1980~90年代にブームを巻き起こしたヨーヨー。このヨーヨーでの町おこしに数年前から取り組んでいるのが愛知県岩倉市だ。3月には市のオリジナルヨーヨーの試作品が完成。これまでに全国で1000万人以上が手にしたおもちゃで、市を聖地化しようと奮闘している。
名古屋駅から北に電車で約10分。同市は桜並木の名所「五条川」で知られるが、市から観光振興を委託されているNPO法人の金井透さん(56)は「桜の見頃を過ぎると、観光資源がなかった」と振り返る。3年ほど前、ヨーヨーの世界チャンピオンが市内に3人いる上、専門店もあることを知り、ヨーヨーを観光資源にと思い立った。これまで6回ほど講座を開き、7~77歳の市民が技を磨いた。
昨年から、地元産のヨーヨーの製作を目指すプロジェクトが始動。世界王者の助言を受け、地元企業と連携し、3月に試作品の第1号を完成させた。手頃な価格で耐久性があり、さまざまな難易度の技を習得できるよう工夫した。今年度中には発売予定という。

ヨーヨーは今も世界中で人気があり、「国際ヨーヨー連盟」には30カ国以上が加盟している。市内の専門店「リワインド」で働く元世界チャンピオンの城戸慎也さん(28)は「国内外から月1000個以上の注文がある」と話す。城戸さんは「ただのおもちゃではなく、オリジナルな技を通じた自己表現の手段となっている」と奥深さを語り、「いずれは岩倉のヨーヨーを地球の裏側まで伝えたい」と意気込む。
今後は小学校の課外授業への導入も働き掛ける予定で、金井さんは「短時間集中型で、オンとオフの切り替えを自然と身に付けられるヨーヨーは勉強にも役立つのでは」と期待している。(2017/09/24-15:01)

【出典元】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092400325&g=soc

関連記事

  1. 姫路・書写の古院で「大根焚」 無病息災祈願に丸大根

  2. 未来ビジョン #136 地方を活性化する新しい発想と情熱 ゲ…

  3. 玉電110周年記念 招き猫で地域活性化

  4. 中小企業新聞「地域活性化の秘訣!」 2012/10/27

  5. ハッキリ言おう、行政はもう「地域活性化」に関わらないほうがい…

  6. ぜんじろう芸能生活30周年記念ライブ

  7. 政府、富山の漁業組合を表彰 地域活性化で取り組み(15/10…

  8. 地域活性化センター 人材育成PV

  9. 【地域活性化】 資源選択は可能性と必然性から 杤尾圭亮 【船…

  10. 姫路の中心街で着物イベント 着物姿で姫路城入城無料など特典も…

  11. 「稼ぐ自治体」になるためには何をすべきか?~地域の強みを活か…

  12. 姫路駅前で初の「赤ちょうちん屋台」イベント 昼間は手作り市も…

  13. 地域活性化センタープロジェクトPR動画

  14. 姫路・岡田にコミュニティースペース「はこプラス」 ママ世代な…

  15. 大学スポーツを通じた地域活性化ロールモデル プレゼン動画