【海外の町おこし】街中をハッピーにするフランスのトリックアート

「眼を騙す」を意味するフランス語が語源の「トロンプ・ルイユ(Trompe-l’œil)」とは、騙し絵のことで、昔から芸術分野で用いられてきた手法と技法のこと。現在ではトリックアートとも呼ばれています。例えば、そこに存在しない窓や人物、風景など描き、あたかも存在するように見かける絵のことを言います。いま、フランス人アーティストPatrick Commecyさんが手がけたトリックアートが話題になっています。思わず騙される、ドキッとさせるハイパーリアルな絵が、町中を活気づかせています。

絵が描かれる前と比べると、街の雰囲気も全然違いますね。ここの一角だけ、たちまち活気づいた雰囲気がでています。タイトル通りにここはルネッサンス時代なのでしょうか。中には現代風の格好をした旅行者も混じっています。中世と現代の共存でしょうか。石階段を駆け上がっていけそうな気になりますね。

子供たちが遊んでいる様子が描かれていますが、飛び出して見えますね。思わず騙される、躍動感がありすぎる作品です。

アパルトマンのバルコニーからは様々な人間模様が描かれています。階下にはよく見てみると、フランスを代表する大物たちが優雅にカフェでくつろいじゃっています。

ジョゼ・ガルシア、マリオン・コティヤール、クロヴィス・コルニアックなどの姿も。

【出典元】
http://jimococo.mag2.com/world/165561

関連記事

  1. ぜんじろう芸能生活30周年記念ライブ

  2. スポーツで地域活性化目指す

  3. アザミの里復活へ 姫路・莇野小でチョウを学ぶ会

  4. 大学スポーツを通じた地域活性化ロールモデル プレゼン動画

  5. 地域活性化センター 人材育成PV

  6. みんなで実践!出汁(DASHI)による地域活性化 | Shi…

  7. 佐賀えびす巡りアピール まちおこし団体 女性向けに新企画 イ…

  8. 姫路のすし・串天ぷら居酒屋「じごろ天神」、ランチ開始 昼の接…

  9. 【地域活性化】 資源選択は可能性と必然性から 杤尾圭亮 【船…

  10. 地方を滅ぼす「成功者への妬み」のひどい構造

  11. 笑い飯・千鳥の地域活性TV

  12. 姫路・岡田にコミュニティースペース「はこプラス」 ママ世代な…

  13. 西伊豆で「潮かつお」製造最盛期 伝統食材で地域おこし

  14. ICTを活用した見える化による地域活性化とバスサービスの維持…

  15. マイナンバーで地域活性化 総務省が実証事業開始、12社参加