【海外の町おこし】街中をハッピーにするフランスのトリックアート

「眼を騙す」を意味するフランス語が語源の「トロンプ・ルイユ(Trompe-l’œil)」とは、騙し絵のことで、昔から芸術分野で用いられてきた手法と技法のこと。現在ではトリックアートとも呼ばれています。例えば、そこに存在しない窓や人物、風景など描き、あたかも存在するように見かける絵のことを言います。いま、フランス人アーティストPatrick Commecyさんが手がけたトリックアートが話題になっています。思わず騙される、ドキッとさせるハイパーリアルな絵が、町中を活気づかせています。

絵が描かれる前と比べると、街の雰囲気も全然違いますね。ここの一角だけ、たちまち活気づいた雰囲気がでています。タイトル通りにここはルネッサンス時代なのでしょうか。中には現代風の格好をした旅行者も混じっています。中世と現代の共存でしょうか。石階段を駆け上がっていけそうな気になりますね。

子供たちが遊んでいる様子が描かれていますが、飛び出して見えますね。思わず騙される、躍動感がありすぎる作品です。

アパルトマンのバルコニーからは様々な人間模様が描かれています。階下にはよく見てみると、フランスを代表する大物たちが優雅にカフェでくつろいじゃっています。

ジョゼ・ガルシア、マリオン・コティヤール、クロヴィス・コルニアックなどの姿も。

【出典元】
http://jimococo.mag2.com/world/165561

関連記事

  1. ICTを活用した見える化による地域活性化とバスサービスの維持…

  2. 姫経、2017年PV1位は「鍋竜」 2位は「マコハレ亭」

  3. みんなで実践!出汁(DASHI)による地域活性化 | Shi…

  4. 地域の皆で盛り上げる“ひと足早いクリスマス” 【群馬県渋川市…

  5. 「恋する灯台」に認定 下田・爪木埼、ロマンスで町づくり

  6. 政府、富山の漁業組合を表彰 地域活性化で取り組み(15/10…

  7. 滋賀県地域活性化協会/エフエム滋賀(e-radio)CM

  8. ウソみたいな本当の電気の話と地域活性化の簡単な秘訣

  9. スポーツを楽しもう! スポーツで地域活性化!

  10. 苔による地域活性化

  11. 佐賀えびす巡りアピール まちおこし団体 女性向けに新企画 イ…

  12. アザミの里復活へ 姫路・莇野小でチョウを学ぶ会

  13. コスプレで富山の魅力発信、地域おこしユニット結成

  14. はあちゅう「アニメツーリズム」 アニメの“聖地巡礼”で地域活…

  15. ハッキリ言おう、行政はもう「地域活性化」に関わらないほうがい…